Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを哲学するブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

恩師との再会 30年の時を経て

先日、お盆の帰省時、小学6年生の担任、恩師N先生にお逢いした。小学校卒業以来だから、実に30年ぶりの再会となった。

 

 

今まで中学、高校などの同窓会は何回かあったけど、小学校の級友で集まるのは初めて。

 

 

N先生は僕たち6年3組の担任の先生。当時からパワフルでとてもエネルギーに満ちた先生。僕たちの担任後は、いくつかの小学校に赴任されて、教頭先生、校長生を務められていた。

 

 

今は第一線を離れられて、小学校とは違う別の教育分野でご活躍されています。

 

f:id:realblog:20180818225938j:plain

宇治橋を渡り、平等院へと続く道。有名なお茶屋さんが軒を連ねている。 

 

 

地元商店街にある落ち着いた個室居酒屋で、当時のクラスメイト5人と一緒にお逢いした。そして、クラスのみんな大好だった先生。30年経ってもお元気で昔と変わらない。 

 

 

N先生は当時の卒業アルバムを見ながら、一人一人の思い出をたくさん話してくださった。

 

 

30年ぶりに会ったというのに、N先生の口からまるで数年前の自分の友達との出来事を話すかのように、克明にどんどんエピソードが沸いて出てくる。とても驚いたし、とても嬉しかった。

 

 

また、子供達には話せない当時のエピソードも話して頂けた。それを聴けて嬉しい反面、当時いろんな葛藤やご苦労があったことに驚いた。

 

 

もっとも印象的だったこと。それは、N先生は話の中で「君たちのことが、ホンマに大好きやってん」と、何回も繰り返し言ったくださったこと。

 

 

僕たちは5、6年と同じクラスでやんちゃなクラス。6年生からN先生が担任を引き受けてくださった。いつも熱いN先生がいてくれたから、落ちこぼれて自信をなくしたクラスが息を吹き返し、本当に素敵なクラスになった。

 

 

ただ、N先生の中でも幾つか失敗もあったみたいで「もっとあの時、こうしてあげればよかった…」と、後悔されている姿も印象的だった。聞いても当時の僕たちは、たぶん感じ無かったようなことばかりなんだけど。

 

 

当時N先生は、毎日のように学級通信を発行されていた。それはB4サイズの手書きで、毎回だれか一人をフォーカスしたコーナーもあった。時には徹夜で書かれたいた事を今でも覚えている。

 

 

何かに書きとどめておくということは、その時に読んでもらう読者に対してだけではなく、将来の自分への手紙にもなる。書くことで何十回と担任し、何百人という生徒と接されていたのに、30年経っても僕たちの事を覚えていてくださった。

 

 

N先生はきっと頭の中に”思い出”というタンスを持っている。そして、その年代の子供達の引出をひっぱりだして、お話されているんだと感じた。その引出しは毎日書き続けていた学級通信が記憶として積み重なり、整理されて出来ているんだと思う。

 

 

N先生の話を聞いて、スーッと理解できることが多かった。やはり12歳の時の恩師からは、自分の成長期の人格形成において、今だに多くの影響を受けていると感じた。

 

 

うちの長男も、今あの頃の僕と同じ小学6年生。彼も素敵な担任の先生に恵まれて、幸せそうだ。ふと気づくと、30年経ったら彼も恩師に会いに行くのかなぁ、なんて妄想する自分がいた。

 

 

次回お逢いできるのは近い日のことか、遠いのかわからないがまたお逢いしたい。そして、私もブログを書くことを辞めないで続けていこうと思う。

 

第3話『決められたことに安心するか、決められることにワクワクするか』〜もしも、あの時お前が俺で、俺がお前だったなら… 〜

社会人になって思ったことがある。どんな会社でも必ず、その会社が成長してきた歴史や社員の経験値があって、そこに入ってきた人間はそのルールに従うことが重要ということ。特に大企業においてはそうだ。

 

 

だから、新入社員も大きな会社ほど安心なんだと思う。会社として利益を生み出す方程式出来ているわけだから、何も考えず会社の指示に従えばいい。

 

 

ただ、本当に何も考えず、疑問も持たず会社の指示に従っていると過ちを犯すことがある。盲目のまま突き進めば、道を間違えたことに気づくことはできない。少なくとも自分の指針となるコンパスが必要だ。

 

続きを読む

第2話『You are the prison of your mind(君は、君の心の囚人)』 〜もしも、あの時お前が俺で、俺がお前だったなら… 〜

「You are the prison of your mind(君は、君の心の囚人)」

 

 

突然だけど、これは映画1999年の映画「マトリックス」で、主要キャラのモフィアスが唯一存在「ONE」に目覚める前の主人公ネオに言うセリフ。

 

 

この映画は哲学的な要素や、撮影ギミックが優れていて好きな映画の一つ。俺たちが生きている世界も、このセリフが全てを物語っていると思う。

 

 

人はみな能力者であると思う。実は自分の力に気づかなかったり、周りから知らない間に押さえ込まれたりしている。君はまだ何もチャレンジしていないのに「自分一人では何も出来ない」って思い込んでいないか?そう、その思い込みや心を解き放たないと…。

 

 

新卒で会社に勤めて、いつも思っていたこと…。それは、仕事は辛くてしんどいもの、嫌でも頑張るもの、それが当たり前だって。でも、一体誰がそれを決めた?誰が言い始めた?自然とそう思わされてないか? 

 

 

俺はいつも、妄想の中でモーフィアスと対話している。

f:id:realblog:20180723191521p:plain

イラスト:鈴音レイ

 

続きを読む

第1話『1Q98 アイツとの出逢い、見えない膜』 〜もしも、あの時お前が俺で、俺がお前だったなら… 〜

1Q98.5

この話を続けるため、最初にこれだけは語っておきたい。

 

俺がアイツ、すなわち沖野アタルと初めて出逢った時の事。それは、今から20年前に新卒で入社したアパレル通販会社の同期としての出来事だった。

 

ずいぶん前だけど、それはアイツを初めて個体として認識し、好敵手としても意識した日の出来事。アイツの記憶には一欠片も残って無いだろうけど、俺は今でもハッキリ覚えている。

 

まぁ昔の話だから、どーでも良いっちゃいーんだけど、避けて通れないので簡単に語ることにする。

 

俺たちが大卒で入社った会社は、アパレル通販の会社。季節毎に社内の女性ものの洋服やブランド品在庫が大量に余るわけ。

 

で、困ったことにナイスミセスの洋服、雑貨ばかりな訳で自分が欲しいものなんて一つも無い。お母ちゃん世代が好むようなものしか無いわけです…。

 

で、入社前から内定者全員に分厚いカタログか一冊渡される。そして、いくつか自分で購入してくれと、社会人としての洗礼を浴びらことになった。

 

もちろん、家族や親戚、友達に買ってもらってもいい。だけど、ナイスミセスな友達なんていないから、男にとっては頭を悩ませる課題だったな。

 

まぁ、こんな事は百貨店とかに勤めると、社内販売のノルマは日常茶飯事的によくあるって聞いてたから、しょうが無いなぁって思ってた。

 

大学卒業して入社するまでやることも無かったし、ヒマだったから結構マジメにこの社内販売に取り組んでみた。地元のコネクションを使って、ナイスミセス達に商品をたくさん買ってもらうことが出来たのは幸運だった。

 

そして5月中旬頃だったかな。当時100人くらい居た新入社員研修の最終日、全員が会議室に集められ、入社前に行った社内販売の結果発表が行われた。第10位くらいから名前と金額が発表されていく。

 

第10位の1万円くらい 〇〇さん

第9位 〇〇さん

 ・

 ・

金額わかっているから、自信はあった。俺の名前はなかなか呼ばれない。

 ・

第3位 5.4万円 Tさん

第2位 9.5万円 沖野アタルさん!

拍手、パチパチパチー!んん!誰だか知らんが、アイツか。なかなかやるな!みんなの拍手と本人の表情が微笑ましい。

 ・

第1位 24.5万円 DENさん

スゥーって、えっ? 今、空気引いた?!俺の時だけ拍手じゃない…

 

この時の空気感は今でも忘れられない…。なんか、空気が一瞬で海水の引き潮時のように引いて、その反動で触っちゃいけない、何か見えない膜を破ってしまった感じがした。

 

映画バックドラフトの炎が爆発する前に、空気が吸い込まれる時の様な感じだった。

 

そして休憩時間、すぐにトイレで嫌味と陰口を叩かれたのをよく覚えている。

 

f:id:realblog:20180705230528p:plain

     イラスト:鈴音レイ

続きを読む

序章『人生の選択肢』 〜もしも、あの時お前が俺で、俺がお前だったなら… 〜

 人間誰しも、必ず一度や二度は

 

 「あー、もし俺がアイツの人生を選んで生きていたら、今頃どーなっているんだろう?」って思ったことがあるはず。

 

 実は俺も、若いときより40歳を過ぎてから、よくそう思うようになった。20歳くらいまでは、人生の幸福ってのは、人が生まれた家庭境遇、親から受け継い才能、教育に左右されてるって思ってた。

 

 だけど、30歳を過ぎたくらいからな、徐々にそれは違う、って思い始めた。

 

人間、生まれた境遇なんてあんまり関係ない。というか、人生ってのは平等じゃない。そもそも不公平なものって、思っていた方が気が楽だ。

 

 人が生きていく過程の中で、選択肢から一つの答えを選び、それに向かってどれだけ一生懸命努力したか、ってことが重要で人生の幸福度を上げるんじゃないか、って思うようになった。

 

 

f:id:realblog:20180625193226p:plain

イラスト:鈴音レイ

 

続きを読む

インドへの誘い 2018 人とは何か【後編】

 

インド3日目、朝ホテルの前でリクシャーを拾い、ハイデラバードの旧市街地チャールミナールへ移動。この街のシンボル、4つの塔が特徴のチャールミナール。近くにイスラムのモスクがあり、本当にイスラム色の濃い街だと実感。

 

f:id:realblog:20180509233112j:plain

チャールミナールは外壁を工事中の様だ。メイン通りも舗装工事中で、朝から屋台や人がたくさん集まっています。

続きを読む

インドへの誘い 2018 人とは何か【前編】

やってきましたー!

ここは日本からバンコク経由で15時間、インド南部デカン高原にあるインド4大都市の一つハイデラバード。市内のホテルに到着したのは現地時刻で午前3時ころ。そのままベッドで眠りに落ちた…。

 

 

翌朝、まぶしい太陽の日差しで目覚めた。ここハイデラバードは大学の卒業旅行以来2回目。とにかく人の数が多すぎる!車、バイク、オートリクシャー、自転車が24時間走りまくり、クラクションの音が常に鳴り響いている。慢性的な交通状態が深刻な問題になっているらしい。

 

f:id:realblog:20180509144552j:plain

学生時代に泊まった宿とは全然違う。当時はお金が無くバックパッカー旅行でしたから、一泊500円くらいだったと思う。今回は贅沢して、日本円で一泊4〜5,000円くらいのホテルに泊まりました。広くてなんとシャワーも付いていて、エアコン完備でとても快適でした。。

続きを読む