Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

Real Blog

イベントレポート!「コワーキングスペース運営の本音!1年間やってみて思うこと」(2.22開催@大宮ナナエフ)

こんにちは、レジェンドすずきです。先週2月22日(土)夜、埼玉県大宮市にあるコワーキングスペース「ナナエフ」さんで開催された勉強会「コワーキングスペース運営の本音!1年間やってみて思うこと」に参加してきました。こちらはコワーキングスペース「…

ディズニーピクサー作品から学ぶ「人生観」について

これらの映画を観ていて、全ての作品に共通項があることに気づきました。それは偏った固定観念にとらわれた主人公が、必ず意図しないタイミングで本当の自分(アイデンティティ)に気づく、という事です。その後、彼らは自分の本当の幸せを求め、人生を切り…

2014年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。このブログを読んで頂いている皆様、昨年は大変お世話になりました。2014年もより皆様のお役に立てるデジタル情報をお届けして参ります。どうぞ宜しくお願い致します

発明王エジソンが残した「発明に必要な3要素」について

発明王トーマス・エジソンの最大の発明とは一体何だったのか?実は電球や蓄音機ではありません。皆さん知ってましたか?意外と知られていないのですが、それは彼がニュージャージー州メンローパークにつくり上げた世界初の「R&Dラボ」だと言われています。こ…

人は何故走るのか? その7

昨日は毎年恒例となりつつある、横須賀シーサイドマラソンに参加してきた。ここのコースは真っ青な海、素晴らしい景色を眺めながら、潮の匂いを感じて走ることが出来る素晴らしい大会です。

自己の「アイデンティティ」と「ステータス」の違いについて考える

私の考える「アイデンティティ」とは、何歳になろうが常にぶち壊しながら生まれ変わり、追い求めることが出来るものだと思う。常にアップデートし続けるものなんだ。だからそれはどんどん、自分を形成するコアな部分となっていく。

「たくさん稼ぐ人ほど、働かなくて良い会社にしたい」

突然ですが、Real iDはこんな会社にしたいと思っています。「たくさん稼ぐ人、エライ人ほど責任は重いけど、労働時間が少なくなる会社。」「エライ人は週三回だけ働けばOKな会社」

「あなたは自分の中に毒を持ってますか?」

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋!ということで、今回は私の好きな書籍、著岡本太郎氏「自分の中に毒を持て」をご紹介しつつ、芸術、アート、クリエイティブパーティについてご説明したいと思います。

内向的でもいいじゃないか、創作活動について我想う

クリエイターは不要な誘い、無駄な人間関係とは決別し、自分の時間を大事にして活動している。といったところでしょうか。今の自分達によく当てはまるなぁ、と共感を覚えます。自分達みたいに、おとなしくてじっくり物事を考える内向的な人間が活躍する時代…

『自己無価値感』について

私はアイデンティティ=「自分らしさ」について、よく考えます。ちなみに当社株式会社Real iDの「ID」は「アイデンティティ」の頭文字を取っています。今回はその「自分らしさ」を身につける為に必要な、ネガティブ要素「自己無価値感」について触れてみます…

「ワークシフトプロジェクト」始動!

先日、参院選があり国民の政治意識がやや高まっていますね。少し気になったのは「ブラック企業」という言葉。共産党のマニフェストなどに掲載されておりましたね。Real iDでは今の日本人の働き方について真剣に考え、間違っている所は声を大にして発信して行…

中学の同窓会ってオモロイな

昨日、地元京都で中学の同窓会に参加してきました。実に22年ぶりということで、とても懐かしい出逢いの場となりました。 自分としては、中学時代のことを結構覚えているつもりでも、いざ喋ってみると相手は自分が全然知らないことを知ってたりして、その食い…

『止まらなければ、必ずゴールできる』

前回のフルマラソンを終えて分かったこと。「もう駄目だ、動けない!」なんて状況で、あと10キロ以上走らなければならなくても、その一歩を踏み出せば必ずゴールすることができる。

僕たち世代の『父親像、仕事観、家庭』について

僕たち世代の父親像、仕事観、家庭ってこんな感じ いつも仕事が忙しくて毎日残業つづきで、帰りは遅い。 土日はぐったりしるけど、頑張って家族サービス 「仕事だから仕方ないでしょ」って言えば、家庭内のだいたいの事はまかり通る。 「リタイアしたら好き…

『人は何故走るのか その6』

昨日、戸田・彩湖フルマラソンに参加。初めてのフルマラソンということで、かなり張り切って行きましたが、ほろ苦いデビューとなりました。フルマラソンの熱い洗礼を浴びた、と言った方がいいかな。 ということで、毎回恒例のマラソン大会に出る度に「人は何…

クリエイティブの創作について

昨年から「一日一クリエイティブ創作」を目標に、何かと取り組んでおります。僕の言うクリエイティブって幅が広くて、メルマガ原稿書きから、企画書、小難しいシステム設計、WEBのワイヤーフレーム、花見の企画までと多種多様。要するにゼロから自分の頭で考…

「努力」の意味について考える

我思うに、高校生くらいまでって、テスト前に思いっきり勉強してたくせに「俺なんか全然勉強してへんわ〜」って嘘付くヤツいるよね?ほんで、試験の結果が良かった場合、必ず自慢するわけ。俺は勉強しなくても、頭が良いんだよ〜!ってね。

『人は何故走るのか その5』

昨日のハーフマラソンを終えておもふこと。毎回このシリーズ、マラソンという体力の限界を超えた時に、マラソンを人生に例えておもふことを徒然なるままに語っております...。 ■「向かい風も耐えていれば、いずれ追い風になる。」 向かい風ってキツイし、息…

『イクメンパパ体験記』

本日は午前中、息子の通う保育園にて、イクメンパパ体験をしてきました。これは園児たちと一緒に、保育現場を体験するものです。以前からやってみようと思っていたのですが、思い切って申し込んでみました。長男は少し前から大喜びで、テンション↑でした。「…

『仕事×会社×家族×志について』

人は人生の半分くらい時間は仕事をしているという。どうせなら、その時間が一人でも多くの人たちの、少しでも役に立つ仕事で時間を費やしたい。 私も小さいが会社を経営している訳で、世の中のニーズに応えると共に、自分と社員の幸せを考えなければならない…

『2013年の抱負、今年はこうなると決めた!』

2012年を振り返ると、ネットやスマホを活用した新しいビジネスモデルの登場で、いままでの既成概念や既存ビジネスモデルが大きく崩れた。特に日本のお家芸、高い技術を持つ企業はそうだ。シャープ、ソニー、パナソニックは桁外れの大赤字となった。今年も大…

袖机との別れ

ついにお別れの時がきました。レジェンドは3年半前、この袖机一つで起業したという由緒ある代物。 「新しいオフィスに職員室にある様な袖机は不要!」という理由で、明日こいつは知人オフィスへと引き取られて行きます。 アバよ!そしてありがとう!

『道』

昨日、小さいけど一つの夢が叶った。自分のオフィスに絵を飾るという小さな夢。一見「絵を飾ってどうする?」 って思う人いると思う。 だけど、それでいいんだ。当社のオフィスにはコピーやFAXができる大型の複合機は無い。設置する気も無い。我々の仕事は世…

『人は何故走るのか?その4』

「俺は絶対に諦めない男!」2週連続でハーフマラソンに参加した。足の痛みとか心配どったけど、終わってみれば先週出した自己ベストタイムを1分30秒も上回った。その要因はベースが落ちそうになったら、必死に食らいついて頑張る。ただそれだけ。

『人は、何故走るのか?その3』

今回は茨城県古河市のハーフマラソンに参加。強風の中、本当に辛いレースだった。マラソンは人生そのものだ。今回感じたことをまとめてみると...。 ・逆風で走るのは本当に辛い。なかなか進まないし、後半は体力もかなり消耗する。だけど、一歩一歩前に進ん…

『会社員と起業家・経営者のキャリアアップ、アイデンティティについて』

これは全て私の体験を通して想う事だが、会社員と起業家・経営者の仕事における成長力、アイデンティティは量、質ともに全く異なるものである。何が違うかイラストで説明したい。 図1)は会社員のキャリアアップ、仕事による自分の成長について表現したもの…

『オフィス移転します!』

以前から予定しておりました、オフィス移転計画を実行に移すときが来ました!(それほど大げさに言うモノでもなかろうが...)という事で、現在の事務所から徒歩2分くらい?のところ、距離にして100メートルほどでしょうか。

『ハッカー × 開発 × スマホ @茶店』

おいおいハッカー!茶店でゲームばっかしてんじゃねーよ!(´д`) って思ってよく見たら... な、なんと!Real iDのハッカーは、スマホで開発しちゃってます。どんな作品が出来るんでしょうか。作品は近日発表いたします。乞うご期待!

『稲は天日干しにすると美味くなる?』

刈り取った稲を何故天日干しにするのか?と言いますと、天日で干した稲は、機械乾燥よりもアミノ酸と糖の含量が高く、食味値が高いとのこと。

せんだい・みやぎオータムセミナーに参加致しました。

昨日、せんだい・みやぎオータムセミナーに参加致しました。 毎年この時期、仙台の東北学院大学で、大学生や高校生を対象に自分の人生観 や、社会人体験談を話すというものです。 最近の学生さんって、何を考えているのだろうか...。 始まるまでは、何をしゃ…