読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

乳離れは自立の始まり

 先週から1年1ヶ月になる次男が、母親のおっぱいを止めました。いわゆる”乳離れ”ってやつですね。赤ちゃんって不思議なもんで、おっぱいを与えていると泣き止んで落ち着く反面、夜泣きも凄いんですよね。ぎゃあぎゃあ泣きながら「おっぱいくれ〜、くれ〜」って夜中の2時くらいに叫んでいて、仕方なく母親はおっぱいを与えると泣き止む。だけどまた2時間くらしたら泣き始める…この繰り返し。



 で、おっぱいを止めると、逆に泣かなくなります。すぐ寝るし、夜泣きせずにずっと寝てるんですよね。一緒に寝ている長男と私も、次男も夜泣きに悩まされることなく、ゆっくり寝られるわけですね。


 大人になって社会に出ても、同じじゃないかな。人に「何かくれ〜くれ〜」って言ってると、もらえるかもしれないけど、ずっと成長できないですよね。逆に人に与えることが出来る人(母親)は大人だし凄い。


 昔の私はこうでした。「休みくれ〜、早く帰らせてくれ〜、給料上げてくれ〜、有休使わせてくれ〜などなど…」今思うと恥ずかしい。本当に欲しければ、人に貰うことを止め、一番自分の大事な物を人に与えることなんですよね。


リアルアイディ