Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを哲学するブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

恩師との再会 30年の時を経て

先日、お盆の帰省時、小学6年生の担任、恩師N先生にお逢いした。小学校卒業以来だから、実に30年ぶりの再会となった。

 

 

今まで中学、高校などの同窓会は何回かあったけど、小学校の級友で集まるのは初めて。

 

 

N先生は僕たち6年3組の担任の先生。当時からパワフルでとてもエネルギーに満ちた先生。僕たちの担任後は、いくつかの小学校に赴任されて、教頭先生、校長生を務められていた。

 

 

今は第一線を離れられて、小学校とは違う別の教育分野でご活躍されています。

 

f:id:realblog:20180818225938j:plain

宇治橋を渡り、平等院へと続く道。有名なお茶屋さんが軒を連ねている。 

 

 

地元商店街にある落ち着いた個室居酒屋で、当時のクラスメイト5人と一緒にお逢いした。そして、クラスのみんな大好だった先生。30年経ってもお元気で昔と変わらない。 

 

 

N先生は当時の卒業アルバムを見ながら、一人一人の思い出をたくさん話してくださった。

 

 

30年ぶりに会ったというのに、N先生の口からまるで数年前の自分の友達との出来事を話すかのように、克明にどんどんエピソードが沸いて出てくる。とても驚いたし、とても嬉しかった。

 

 

また、子供達には話せない当時のエピソードも話して頂けた。それを聴けて嬉しい反面、当時いろんな葛藤やご苦労があったことに驚いた。

 

 

もっとも印象的だったこと。それは、N先生は話の中で「君たちのことが、ホンマに大好きやってん」と、何回も繰り返し言ったくださったこと。

 

 

僕たちは5、6年と同じクラスでやんちゃなクラス。6年生からN先生が担任を引き受けてくださった。いつも熱いN先生がいてくれたから、落ちこぼれて自信をなくしたクラスが息を吹き返し、本当に素敵なクラスになった。

 

 

ただ、N先生の中でも幾つか失敗もあったみたいで「もっとあの時、こうしてあげればよかった…」と、後悔されている姿も印象的だった。聞いても当時の僕たちは、たぶん感じ無かったようなことばかりなんだけど。

 

 

当時N先生は、毎日のように学級通信を発行されていた。それはB4サイズの手書きで、毎回だれか一人をフォーカスしたコーナーもあった。時には徹夜で書かれたいた事を今でも覚えている。

 

 

何かに書きとどめておくということは、その時に読んでもらう読者に対してだけではなく、将来の自分への手紙にもなる。書くことで何十回と担任し、何百人という生徒と接されていたのに、30年経っても僕たちの事を覚えていてくださった。

 

 

N先生はきっと頭の中に”思い出”というタンスを持っている。そして、その年代の子供達の引出をひっぱりだして、お話されているんだと感じた。その引出しは毎日書き続けていた学級通信が記憶として積み重なり、整理されて出来ているんだと思う。

 

 

N先生の話を聞いて、スーッと理解できることが多かった。やはり12歳の時の恩師からは、自分の成長期の人格形成において、今だに多くの影響を受けていると感じた。

 

 

うちの長男も、今あの頃の僕と同じ小学6年生。彼も素敵な担任の先生に恵まれて、幸せそうだ。ふと気づくと、30年経ったら彼も恩師に会いに行くのかなぁ、なんて妄想する自分がいた。

 

 

次回お逢いできるのは近い日のことか、遠いのかわからないがまたお逢いしたい。そして、私もブログを書くことを辞めないで続けていこうと思う。