Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを哲学するブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

第4話『再会 10年の時を経て』〜もしも、あの時お前が俺で、俺がお前だったなら… 〜

あれから10年…。2010年頃だったと思う。それは東京での出来事。場所は東京都市ヶ谷にある牛込中央通りの坂の下、外堀通りだったかな。

 

 

俺がアイツと同期入社した会社を辞めて、ちょうど10年。埼玉県の会社に勤めてたから、こんな東京のど真ん中でアイツとすれ違うなんて、なんて奇遇なんだって正直思った。

 

 

f:id:realblog:20180921064236p:plain

「沖野っ!」

 

思わず声が出た。アイツとすれ違いざまに声をかけたんだ。別に仲良くも無かったし、どちらかといえば敬遠していた存在だったけど。

 

 

「おー!久しぶりーっ!」

 

 

アイツの反応は早く、そして俺よりも声のトーンが1オクターブ高かった。そんなアイツの人なつっこさに驚いた。

 

 

俺は大卒で入社した会社、沖野アタルとしのぎを削った会社は3年勤めて辞めた。2000年ころだったかな、当時流行仕掛けていたIT企業に、どうしても勤めたかったからだ。アパレル通販会社から心機一転、全く業種が違うIT業界の雄、ソフトウェアメーカーに転職した。

 

 

この話は別の機会に詳しく話そうと思うけど、2社目の会社は7年半勤めて辞めた。転職してわかった事があった。どんな会社に行っても、自分に合った環境はないということ。ごくごく当たり前の話なんだけどね。

 

 

どこに居ても、仕事が終わったら酒を飲みながら、文句ばっかり言う人をたくさん見てきた。とにかく自分はそうなりたくなかたった。周りに流されたくなかったんだ。自分はもうこれ以上無理だなと思った。

 

 

これって、中学生ヤンキーと同じ思考回路なのかもしれない。ただただ、学校の校則や大人が決めたレールを走りたくない、反発したい、世間一般の社会人生活に反発したかった、だけなんだ、きっと。だから思わず尾崎豊の「15の夜」を歌いたくなる。

 

 

2008年春ころから、真剣に大企業を辞めて起業する道を考え始めた。当時はリーマンショックやなんやらで世界景気は落ち込んでいた。起業したい!なんて10人に話すと10人全員が反対した。まぁ、当たり前だと思う。ただ、嫁さんと父親だけは反対しなかった。だから直感で大丈夫やと思った。

 

 

うちの親父は決して仕事人間なんかじゃない、本当に遊び好きな親父。そんな親父が真剣に俺を心配して、一言だけ重要なアドバイスをくれた。

 

 

「ええか、とにかく商品の在庫だけは持つな!」

 

 

と。これについては100%激しく同意。商品の仕入れなんて絶対しない、と心に誓った。親父はちょうど2年前、ガンで死んでしまったけど。今思えば、きっと親父の経験を踏まえての話だったと思った。ビジネスの本質は時代なんて関係ないって、思った。

 

 

さぁさぁ、話を2010年市ヶ谷の牛込中央通りに戻そう。 

 

 

そんなこんなで、起業して半年くらい過ぎた頃だろうか。アイツと市ヶ谷の牛込中央通りの坂の下、外堀通り付近で再会したのは。実に10年ぶりの再会。

 

 

この10年間お互い違う道を歩いてきたけど、今同じ道を少しだけ一緒に歩き始めた。

 

 

つづく