読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

業界特化型!?国内の新しいクラウドファウンディング7選

唐突ですが、

Facebookページのファンが2000人を突破しましたー!

ありがとうございます!これからもブログの更新情報や、役に立つ情報からくだらない情報まで投稿しいきますので、応援よろしくお願いします。

Real idのFacebookページ

さて、今回はクラウドファウンディングの話。

クラウドファンディングとは、「夢」や「志」を持った人や団体に対する資金を、ネットを通じて多数の支援者から収集し実現する手法のことです。
支援者には金額に伴った見返りやお返しのサービスがうけられます。

国内ではCAMPFIREや、READYFOR?が有名ですね。

353A0846.jpg

国外のサービスですが、Kickstarterでは、ニューヨークの「+POOL」プロジェクトではブルックリンとマンハッタンの間を流れるイーストリバーの上にプールを設置し、しかも川の水をキレイにする!なんて公共事業まで支援金で273,114ドルものお金を集めています。
+ POOL, Tile by Tile

また、同じくKickstarterで日本の短編アニメ「リトルウィッチアカデミア」の続編をつくるプロジェクトには、なんと$625,518ドルものお金が集まりました。凄すぎる!!

Little Witch Academia 2


日本でも今後、様々なクラウドファウンディングサービスが始まり、多くのプロジェクトやサービス、人がクラウドファウンディングの支援を受けて誕生するのは間違いありません!

そこで今回は国内で、しかも特定の業界に特化したクラウドファウンディングをご紹介していきます。まだまだ知られてはいなくても面白いコンセプトのサービスがありました!


業界特化型クラウドファウンディング7選

出版特化型
ミライブックスファンド
mirai.jpg

出版社や編集プロダクション、企業から新しい出版企画(プロジェクト)を集めるクラウドファウンディング。企画の時点で面白いものが判断出来ますし、出版されれば特典として本が届くとしたら、読みたい本の先行予約だと思えば、お金を払うハードルは低いかも。


スポーツ/アスリート特化型
ALLEZ! japan
ALLEZ.jpg

 
"世界までもう一歩"のアスリートを応援するクラウドファンディング スポーツは遠征費や、施設の利用料などお金のかかるもの。 東京オリンピックにで活躍するアスリートが生まれるかも!?



ファッション特化型
TOKYO DESIGN COMMIT
TOKYODESIGNCOMMIT.jpg
伊勢丹×装苑のファッション特化型クラウドファンディング
まだプロジェクトは少ないですが、ここから日本を代表するデザイナーが生まれたりクリエイティブなイベントが開催されるかも。


地元特化型

FAAVO
FAAVO.jpg
地元応援クラウドファウンディング。地元を盛り上げるためのプロジェクトがたくさんあります。応援県を設定したりと、地域活性化はどこでも超重要なはず。


地域特化型
iikuni(いいくに)
iikuni.jpg
鎌倉をよくしたい思いを、仲間と協力して実現できる新しい街づくりのクラウドファンディング。
さらに地域性に特化した鎌倉のためのクラウドファウンディング!観光地の鎌倉ですが、移住したい人も多いとか。住んでる町や育った町のために直接支援出来るのは素敵ですね。


お笑い特化型
芸人ラボ
geininn.jpg
毎月複数の芸人が同じお題でネタバトル! クラウドファンディングの芸人支援サイト 芸人は毎月与えられるお題に沿ったネタを公開して、YouTubeの再生回数によってランキングが決定して、上位入賞の芸人は支援金を受領出来るというサービス。 直接芸人に対して支援者を集め。ランキングで支援金をもらえるかがきまるというコンセプトがとても面白い!

ガジェット特化型
Cerevo DASH
Cerevo DASH.jpg
つくりたい "モノ" が "カタチ" になるクラウドファンディング。 支援者からの資金調達が達成できたら、一般向けへ販売する際の販売ルートや、量産のお手伝いまでしてくれるとのこと。 アイディアによっては、「この商品をウチで作りたい」なんて企業もでてきそう。

おまけ(これからオープン)

音楽特化型クラウドファンディング
Frekul Wonder Plan

FrekulWonderPlanFrekul.jpg
2013年12月に公開されるというアーティスト支援クラウドファンディング。
CDが売れなくなって以来沈み続ける音楽業界ですが、こういったサービスがアーティストのあらたな資金を集める手段となって、また日本の音楽シーンが盛り上がればうれしい!


最後に

クラウドファウンディング自体のサービスも、支援を受けようとするプロジェクトも面白いものが増えてきましたねー。来年はさらに盛り上がると思いますよ、夢やアイディアを形にする方法はどんどん増えてくると思います。アイディアはあるんだけど..とか言ってる場合じゃないですよー!!