Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

ネットTVのビジネスモデル今後どうなる?

前回AppleiTunesによる、映画ダウンロード販売、レンタル開始にいて、

取り上げました。今回はもう少し掘り下げて、映像の有料放送ジネスにいて、

レポートしたいと思います。 



日本で衛生放送、ネットTVなどの有料放送が本格的に普及し始めたのは、

2000年頃からだそうです。それ以後ずっと2桁増、右肩上がり成長し続け

今では1,410万世帯と全世帯の2割に行き渡っているとか。


月額料金3,000円?を支払えば、何千タイトル、チャンネルから映画や

ドラマが放題...、というサービスです。

しかしその急成長にもストップがかかり、今年は2%増にとどまっています。



その打開策として有料放送各社は、コンテンツの独自性による顧客囲い

込みが重要だと判断しているようですが、果たして本当にそうなんでしょう?

私は疑問に思っています。



と言うのも、現代人の余暇はTV、インターネット、ゲームにメール、携帯、

と娯楽も実に忙しいのです。娯楽に費やせる時間も、お金も決まっているのす。




そんな中、見たいコンテンツだけを、見たい時に、見たい場所で、安く見とい

うビジネスモデルが、今後優位なのではないでしょうか。



そんな仮説に基づけば、自宅のTVで視聴することに限定せずにiPadiPhone

のコンテンツ配信の様に、どこにでも持ち歩ける端末で、映画などを楽しスタイル

のほうが、必要とされているのではないかと。



そして「月額料金で映画見放題!」ではなく、映画を見た分だけ課金、基本なし、

どこにいても見ることができる、というスタイルが受け入れやすいではないでしょうか。



先日、私も興味本位でApple TVを購入したのですが、本体料金は8,800円と安

です。TVにつなげば大画面でYouTubeや、最新の映画を自宅でレンタルて視聴

することができます。外出先ではiPadで映画を見ることができるで、さらに利便性

も高まります。

Apple TVについてはこちら



確かにiTunesが映画コンテンツ数はまだ1,000件と、ネットTVで先行するクトビラ

の実に10分の1と少ない。かし、今後コンテンツ数が拡充すれば、よりおもしろい

サービスに成長ていくと感じております。



担当:鈴木