Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを哲学するブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

キセキノオヤジ外伝

16『 ぼくが僕であるために 』 〜あの時、僕は〜

2019・3 ソウ今までありがとう君は今まで6年間 自分の力の限り最後まで 走りきってくれた 長い間 とにかく君たちは 人が少なかったからコートの外でも バスケが好きそうな子を見つけてはずっと声をかけていたね おかげで 後輩達はたくさん増えてバスケ…

15『 もう泣くな胸を張れ 』 〜あの時、僕は〜

2019・2 5年生大会 新人戦上木ガッツは今年も順位決定戦に駒を進めた 2試合目、チームN戦 もう少し、あと2秒の辛抱だったんだ… オーバータイム(延長戦)に持ち込んだ相手チームも素晴らしいプレイを魅せてくれた そして君たちもそれ以上に、レベル…

14『 気まぐれだった君が 』 〜あの時、僕は〜

2019・2 いつもチームを支えてくれたカイ2年生のはじめ、君はお兄ちゃんと一緒に入ってきてくれたね今でも君が入団して来た日のことを覚えている人一倍やんちゃで、暴れん坊の君 成長した君は自分たちの代で副キャプテンとして、立派に役目を果たして…

13『 成長と交差する日 』 〜あの時、僕は〜

2018・12 僕はもう君には勝てない素直に負けを認めたい いつかこんな日が来ると思っていた勝負に負けた いや それだけじゃない他にも勝てないとことが たくさんある 来て欲しくはなかったけど いつか来なくては困る日それが今日だ いくらトレーニング…

そうだ、本を出そう!

「本を出版したい」「作家になりたい」と思い始めたのはいつ頃からだろうか?自分の心の奥底、深いところからフツフツと湧き出てきたのは…。 最初は作家への憧れ、からだったと思う。10年くらい前からだろうか、面白いビジネス書を出している人の講演、セミ…

12『 明日にむかって 』 〜あの時、僕は〜

2018・10 試合終了、あっという間だった…。秋季大会・順位決定戦残念ながらガッツは負けた。悔しい。 勝つことは出来なかったけど、この試合にむけて嬉しいこともあった。 それ1ケ月前、秋季大会予選で1敗したあの日に遡る。 その日、上木ガッツはOS…

11『 いつかの出逢い、あの日の契り 』 〜あの時、僕は〜

2018・9 初めてのバスケ貸してもらった初めてのバッシュ 何もできない君をみて靴ひもを結んでくれる 優しい先輩たち 昔から厳しくて いつも優しいヒロ先輩そんなヒロ先輩も 今はもう高校生

10『 こぼれた涙 』 〜あの時、僕は〜

2018・6 君の人生は これからもいろんなことが あるだろう 嬉しいこと 悲しいこと 思いもよらない出来事 でも君は そのたびにその壁を きっと 乗り越えていく 人はより高く 跳ぶために時には ぐっと歯を食いしばり膝を曲げて かがまなければならない

09『 バスケの神様と少年 』 〜あの時、僕は〜

2018・3 「うぉーっ!、ナイっシュー!ヒサ!」 5年生大会最終日、順位決定戦。この大会で一番の声援は、4年生ヒサのプレイに注がれた。 本大会最後の試合、ヒサは2Qに出場して6得点をもぎ取った。

08『 勝利をつかめ熱き想い、秘めたる闘志! 』 〜あの時、僕は〜

2018・2 「ファーン!」 その時、試合終了のブザーがアリーナに鳴り響いた。 「ふざけんなっ!こんな試合二度とするな! もう二度と…す、ん、な…二度と…」 試合終了後、僕は観客席でそう叫んだ。 周りの熱気、歓喜と悲鳴がうねり合い、折り混ざるアリー…

07『 道 』 〜あの時、僕は〜

2018・1 君たちがこれから進む道進めばきっと いろんなことが起こるだろう 自分の思い通りにならない…邪魔されて結果が出せず、悔しくて涙する事もあるだろう。 一人では出来なくても、二人なら、三人なら出来ることもあるだろう。 どうしていいかわか…

06『 決着!運命の0.1秒 』 〜あの時、僕は〜

2017・12 今日の練習試合、相手は同じ市内で活動する強豪クラブチームT。正直言って個々の運動能力ではかないません。 でも、バスケットはチームで戦うもの。勝機は必ずある!ガッツフレッシュチームは序盤から食らいつき、僅差のシーソーゲームを展開…

05『 子供の成長と軌跡 』 〜あの時、僕は〜

2017・11 バスケットを通して親子で得るもの、感じるもの 強さ たくましさ 友情 礼儀…いろいろあるけど 現実的にいつも想うこと それは… 子供の成長スピードは早い! そして今時の小学生は とにかく忙しい! 自分が子供の時と比べての話になるけど 僕…

04『 君たちに贈る詩 』 〜あの時、僕は〜

2017・10 勝つために…相手の強さを 知ることも大事己の弱さを 知ることも必要 勝つものは 勝つべくして勝っている負けたけど その過程も大切 相手を研究し 練習して挑んだ一戦 君たちが自分たちの力を すべて出し切っていたなら自分たちの仲間を 信じ…

03『 卒団の詩 「友 」』 〜あの時、僕は〜

2017・3 僕は一人だったいつもまっすぐで一生懸命な君 バスケが好き いつもの場所いつもの笑顔いつもの声 手のひらにやっと掴んだ友という宝物

02『 ピッカピカの一年生 』 〜あの時、僕は〜

2016・4 今日、上木ガッツの体験会に1年生が参加してくれた。 ピッカピカの彼は6年生のキャプテンに、バッシュのくつひもを結んでもらっている。 いつもの事の様だけど、いつもじゃない光景。 ふと、3年前の長男の時を思い出す。彼も当時のキャプテ…

01『 バッシュのひも 』 〜あの時、僕は〜

2014・4 新しい団員が増えた。日曜の昼下がり、ぴかぴかの一年生たち。まだ、みんなマゴマゴしててカワイイ。 「キンチョーしてるんだよね?」 自分よりチョットだけ小さな子の肩に手をかけ、コーチに紹介する二年男子。 「よろすくおねがぃしますぅ…」…

序章『はじまりの詩 一人の少年』〜あの時、僕は〜

それは5年前、ある日の出来事。ここはさいたま市浦和区上木崎小学校で活動する ミニバスケットボールスポーツ少年団 「上木ガッツ」

卒伝式!そしてキセキノオヤジ外伝が始まった

みなさん、こんばんみー。 先日、さいたま市浦和区にある某謎の居酒屋ZKにて、私DENの卒伝式を開いていただきました! そう、息子のミニバス卒団と共に私の6年間のミニバス活動も終演を迎えたのです。 アルコールが回り、なぜか神々しくなる親父達。 きみた…