Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

今、巷では営業マンが居なくなりつつある…

 「本当か?」先日、耳を疑う話しを聞いた。
昨年の10月頃から、著作「営業マンは断ることを覚えなさい」で有名な石原明さんの高収益TOP3%倶楽部・勉強会のに参加して聞いた話だ。(今年1月から入会しています)


う〜ん、ネット社会で情報化が進み、営業マンを使わずにネットで集客、メールで商談、クロージング、代金回収まで行う会社が増えているそうだ。


しかし石原さん曰く、ネットと営業マンの使い分けを明確にしなければ、今後生き残れないだろう、とのこと。どういう事かというと…


■新規顧客開拓、リスト集め → ネットを利用
 ※人間がやるとお金が一番かかり、費用対効果が合わない。

■顧客化 取引が始まれば、営業先を訪問してしっかりコネクションを作る。→営業マン
 ※ビジネスは最終的には人と人同士のつながり。ネットだけではダメ。


なるほど…。営業マンが絶滅の危機にある今?逆に絞り込んだ用途で営業を強化する事が重要だ!納得…。


今、営業という職種が兎に角人気が無いのも事実らしい。皆さん営業には成りたくないが、コンサルタントには成りたいという。
(おはずかしながら、当社もコンサルタント業です。しかし、できれば「コンサルタント」という表現を変更したい思っています…。他に良い表現があれば誰か教えて下さい。どうもしっくりこないので…)


私は営業が好きなので、ちょっと残念な気もしますが、まぁ良しとしましょう。きっとその分、当たり前のことをまじめにやれば、成果がでると本気で思って仕事をしています。


「猫の手も借りたいくらい…」なんでいい迷惑だ。僕たちだって勉強で忙しいんだからね…。


リアルアイディ