Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

無料からお金を生み出す!フリーミアムとは?

最近、もの凄いスピードで、価値ある情報の無料化が進んでいます。Googleの提供するソフトウェアはその典型で、それら無料サービスの勢いは留まるところを知りません。

今までお金を出して買っていた地図や、ソフト、ニュース、翻訳、動画...は一体何だったのか?ですから、最近そういった無料モデルがどうやって儲けているのか、気になって夜も眠れませんでした。(ウソ)

そして先日、クリス・アンダーソン著「FREE」という本に、探し求めたその答えを発見しました。

私なりに、その答え、真理を簡単にまとめますと、

○良いアイディアとは、究極に潤沢な商品で、伝達にかかる費用はゼロ。
 →良いコンテンツが無料であれば、ものすごいスピードで広まる。

Googleは、その膨大な情報料を無料にしたがる。
 →より多くの人に広がり、よりお金が稼げることを知っているから。

ということでした。

みなさん、知ってました?実はこの「FREE」という本自身も、発売前に限定1万人に、PDFでフリーダウンロードを行っていたんですよ。そして、それはなんと43時間で完売し、その後この本は十数万部売れるヒット作となっています。

この考え方がGoogleを始めとする、多くの企業が今実践している戦略、「フリーミアム」なんですね。

実はコレ、何も目新しいものではなありません。化粧品でいうと試供品を5%の方に無料で提供して、残り95%の方に買ってもらう、というビジネスモデルと同じです。

ただし、インターネットを通したコンテンツ(情報)は、化粧品よりもずっとやりやすいのです。

その理由に

[1] デジタルであれば大量に複製して配布する際のコストがほぼゼロ
[2] そのため無料版を配布して最大可能数の潜在的顧客にリーチできる。
[3] そのなかの数%の顧客が有料版に移行すれば、分母が大きいためにビジネスが成り立つ!

という事が上げられます。

これからiPadや、キンドルといった電子書籍タブレットマシンの登場で、まさに紙とネット、リアルに面白いビジネスが始まろうとしています。

担当:上原