Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

『O2O(オンライン・ツー・オフライン)iPhoneアプリを使ってみた』

O2O(オンライン・ツー・オフライン)によるリアル店舗への集客プロモーションが少し増えてきましたね。今回はiPhoneアプリ「digimo(デジモ)」ついてご紹介いたします。

このデジモというiPhoneアプリですが、自分がいる位置情報を登録して、自動車の仮想プラモデルを入手して遊ぶソーシャルゲームなんです。12月に開催された東京モーターショーで、フォルクスワーゲンの「The Beetle」特別版のデジタルプラモデルを配布したそうです。

387539_274411855949114_100001409042285_869369_414741819_n.jpg

で、このiPhoneアプリ「デジモ」(無料)では何が出来るかと言いますと、ユーザーが入手したプラモデルは画面上で組み立てて、360度回転させながら好みの角度から写真撮影。FacebookTwitterを通じて友人に"自慢"できるという仕組みになっています。

ということで、実際に私もFacebookに投稿してみました。まぁ、車好きにはたまらないコンテンツだとは思います...。(黒いビートルですね)

今後は、特定の場所へ足を運んで位置情報を登録することなどで、異なる車種やパーツ、デザインなどを入手できるようになるそうです。

入手したプラモデルは今後、ガレージにコレクションして友達と交換したり、レースゲームをしたりするなど楽しみの幅を広げていく様です。ポケモンの山手線スタンプラリーのように、実際にそのイベントに行くことでレアなコンテンツを手に入れる、ということがこのO2O(オンライン・ツー・オフライン)集客の特徴なんですね。