Real Blog

レジェンド鈴木が日々感じたことを綴るブログ。書評、エッセイ、ポエムも書いてます。

強調ダグを正しく使うSEO対策

サイト上でより強調したい部分を、太文字で記載されていることがよくあります。実は、この強調されているソースですが、同じ太文字でも

b(太字)
もしくは
strong(より強調)

と、ソースが違うことがあります。見え方は一見同じですが、意味は全く違い、前者は装飾的な意味、後者は強調という意味です。とくにホームページ・ビルダーというソフトで製作した場合は、一度太文字部分のソースを再確認されることをオススメします。

同ソフトでは太文字を使いがちなので、自然となってしまうようです。SEO検索エンジン対策としては、strong の法が効果的です。

担当:上原